情報開示とデザインを両立させるラベル

ラベルはレーベルやレッテルとも呼ばれており、商品や製造年月日や原材料などが印刷されている物です。商品の情報を消費者に知らせることにおいて、重要な役割を担っています。容器に貼り付けるタイプの物やパッケージと一体化して容器を包むタイプの物があり、その容器の性質によって使い分けられています。ラベルはシンプルな物であれば、パソコンのソフトを用いることで個人で作成することが出来ます。業者に依頼をすれば、特殊な物や凝った物を作成することも出来ます。特にペットボトルのラベルのように製品自体のデザインと一体化している物では、情報を表示するだけの役割ではなく、製品の印象を大きく左右します。デザインの良さと情報の見やすさの両方が重要となります。昨今では食品の安全性に重きを置く消費者も多いので、食品の細かい情報を記載しておくことも大切です。

インテリアのわき役に欠かせないラベル

最近のインテリアブームに伴い、部屋の雑誌などを読むと素敵な部屋が沢山載っていますが目を凝らすと実はアクセントにいろいろなラベルが使われていることが多々あります。雑貨屋などでも安価なラベルなどが売られていますが、もう物を仕分けるだけのものとしてに認識ではなく仕分けながら飾るという傾向が強く見られます。特にマスキングテープや付箋紙も爆発的に人気が出ているのも仕分ける行為が大好きだということからだと言えます。そんなラベルもどれだけ気に入っても生活による水や手垢による劣化を防ぐためにはやはり保護されたものを使用するのがいいでしょう。その時はよくても時間が経って劣化していくのが早かったりするとどれだけ気に入っていても汚くなるのには変わりありません。仕分けるという理由だけで使われてきたものも今では綺麗さ、使いやすさが重視されるということですね。

オシャレなラベルを注文で作ってもらえます

ラベルと言えば物を仕分けて整理整頓する際に、あると便利な生活グッズです。でも、無骨で事務的要素が強いと、ちょっと生活感が出過ぎてしまって、なんかダサイし、野暮ったくて嫌だなと感じてしまいます。例えばキッチン周りでも、小麦粉と片栗粉、塩と砂糖など、一見するとどっちがどっちか分かりづらいシチュエーションって、日々の中でも確かにあります。オシャレな瓶を一旦開けて確認さえすらば、粒子の荒さや状態で判断する事は可能ですが、調理中に瞬時に確認が必要な場合は、ラベルが貼ってあれば安心で、便利です。でもパリ風やアメリカン風のオシャレな輸入製品のジャムにでも貼ってある様な物はなかなか巷には販売されてありません。そうなれば発想の転換です。なければオーダーしたり自分で作成してみるといいのだと言う事に行きつきます。真っ白の無地の物を買って、アルファベットスタンプを購入して、押してみるとあら不思議、白と黒のモノクロのステキなラベルが出来上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>