ラベルを揃えると、オシャレでキレイに

キッチンの調味料に使用したり、書斎のファイルに利用したり、学校で渡される子供達のプリント類を子供の数、分仕分けしてファイリングしたり、私達の生活の中で、様々な物がカテゴライズされ、それに伴い分類されます。その時の仕分けとして大いに活躍してくれるのが、ラベルです。このラベルを同じサイズで、同じ色、そして書体などを統一する事によって、書類などを並べたさ書斎の本棚などが、一気にクリエイティブに、そしてキレイに整頓された様に見えて、部屋の雰囲気をオシャレに、そしてすっきりと見せてくれます。本棚に並べた時などに、ラベルの張り付けが一定に揃えられているだけで、気分爽快です。張り付ける対象物が決まっているのであれば、オーダーする際、文字を印刷して納品してくれます。手書きよりもちろんキレイで玄人っぽいこなれ感が出せます。

ラベルを自分で作るか業者に頼むか

ラベルは業者にも注文することはできますが、自分で作ることも可能です。自分で作ることの良さは手間以上に愛着が持て、自分らしいデザインにカスタマイズできる点です。また業者に注文するよりも格段に安価で作ることも出来ますし、ラベルづくりだけでなく名刺作りなど他にも応用がきかせられます。家庭で作るならば、パソコンのワードで作る方法が一般的です。有料のソフトなどもありますが、ワードなら手軽に始めることが出来ます。また初心者でも簡単に作ることが出来ますよ。住所などを入れて作る場合は事前にエクセルなどで作成した住所録データも必要になってきます。エクセル2007や2010を持っていればエクセルだけでも簡単に作れます。また業者で注文する場合は、たくさんの量のひな型も用意されているので選ぶのも楽しくなります。有料だと、デザインも豊富なのでコストを抑えたい方はワードで、デザインにこだわりたい方は有料でと使い分けてみるのも良いでしょう。

手作りのお菓子を作ったならラベルも手作り

せっかく手作りお菓子を作ったなら、保存に手作りラベルを使いたい物です。空き瓶などに貼り付けて保存しておくだけでもおしゃれ度がアップしますし、誰かへのプレゼントとしても最適となります。ラベルを作る場合、気をつけたいのはその大きさです。ソフトを使ってつくるにしても、事前にどんな形状でどれくらいの大きさなのか決めておかなければなりません。そのため、事前にどれくらいの大きさが必要なのか、保管容器を確認して調べてからつくり始めてください。基本的に大きさによって字の書きやすさが異なりますので、ラベルの地の柄や、どれくらい見やすいのかを画面を通じて確認しておくことが重要です。使って何度でも新しい物を印刷し、つくったものによってカラーやデザインを変えることで、目新しさやおしゃれ感がまします。手作りのこま会部分にこだわることで、来客にも喜んでもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*